番外 JASRAC – この救いようのない人達

JASRAC(音楽著作権協会)がまた何か企んでいるらしい。音楽界では様々な職種があり、それぞれ分担して仕事をし、各々の立場で、音楽界の発展を願っている。その中で、作曲家や、演奏家が特に上位の存在であるとは、誰も思っていない。だが、「著作権」という「概念」を錦の御旗に、その中でコソコソとテラ銭商売を企むのは、私に言わせれば、最も下衆な商売だ。JASRACの成立に関しては、ここでは書かない。検索かけてくれれば分かるだろうから。

忘れもしない、JASRACと私との間で十数年前に起こった事件について書く。当時、アンサンブルを組んで全国で演奏会をやった。主催者は色々であったが、多くは音楽とは関係のない団体で、コンサート開催の経験も豊富でなかった。だから、開催業務、もちろん著作権料支払い、それにかかわる申請業務一切を、私の事務所で請け負う契約にしていた。主催者には、「JASRACから著作権料の支払いについて連絡がありましたら、こちらに回してください」と言っておいた。

演奏曲目の中にピアソラが入っていた。ご存知の方も多いと思うが、JASRACでは、音楽をクラシックとポピュラーに分けていて、著作権料に大きな差をつけている。(クラシックの方が高い) 数か月前に開催した中国地方での演奏会では、JASRACの神戸支部がピアソラをポピュラー音楽と規定して著作権料をかけてきた。もちろんちゃんと支払った。そして、別の演奏会の後、JASRAC東京からの請求を見たら、同じピアソラの曲がクラシック音楽に分類されていた。JASRACに「どうしてまったく同じ曲を同じ形態で演奏して、ジャンルが違うのか?」と訊ねた。当然、まともな回答などできるわけもなく、「そっちはそっちの判断で・・・モゴモゴ」だ。しょうがないから「ピアソラをクラシック音楽と規定した根拠を示してください。」とお願いした。数日後、雑誌のコピーが送られてきた。何が何だかわからないと思っていたことろ、JASRACの担当者が電話をかけてきて、「そこに書いてあるでしょ、ピアソラは、パリでナディア・ブーランジェに師事していた。」って言う。「はぁ???」それだけかよ。根拠って。じゃ、他のポピュラー音楽作曲家は、クラシック系統の先生には師事してないの? それ、調べたの? もっと言やぁ、ピアソラは、ブーランジェに、「あんた、国へ帰ってタンゴやりな!」って言われたんだぜ。

な、いい加減だろ? 腹立つよな? で、これは納得がいかないから、争う旨、宣言しておいた。ついでに「このやり取りは録音してある」とも言っておいた。そうしたら、なしの礫だよ。一件落着と思うだろ? これが違ったんだよ。

うちとかかわると面倒になると踏んだJASRACは、主催者を脅かして、支払わせた。素人の団体に、「日本音楽著作権協会でござる。支払い義務は主催者にあり・・・」って脅かした。主催者のご婦人が、びっくりして、払っちまったんだよ。

課金の根拠もいい加減なこんな組織が、音楽家の代理のような顔をして商売をしている。(じゃ、ピアソラ側にはいくら払うのよ?) これからの音楽の発展を誰もが願っているこの音楽界で、子供の音楽教室から、著作権料を取ることに賛成する音楽家はほんとうに居るのか? 一銭でも多くのテラ銭を取れるところから取る、こんな事ヤクザでもやらない。店がみかじめ料に文句言ったら、客を脅して取ったんだぜ。

下衆、思いつく言葉はこれしか無い。

きょうはここまでだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

番外 JASRAC – この救いようのない人達」への2件のフィードバック

  1. 僕もJASRACの欺瞞すぎる欺瞞が嫌でたまらないです。仕事柄関わりがあって使用料を徴収される側です。これまでの数多の事件を知るたびに嫌な気持ちになります。
    文化の維持と発展を旨とする理念だそうですが、やってることは真逆の活動です。
    なにより権利者への分配がちゃんとされてるのかほんとに怪しいです。
    一方で、中には有名なのにイーライセンスやJRCにだけ楽曲登録をされてる権利者の方がいますが、作品の良し悪しに関わらずそれだけで好感を持ってしまいます(笑)。

    1. お読みいただいて、感謝申し上げます。おっしゃる通りです。今回の件で、せっかっく忘れかけていた件を思い出し、腹が立って、夜も眠れません(笑)。新規参入の団体も、JASRACの「包括契約」の前には無力のようです。公取だって、途中で逃げ出すし、天下り社団、許せん!(あ、また腹立ってきた)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です