• 2017年10月25日
  • 2020年7月5日

長い間・・・ごめんなさい。

暖かい励ましのお便りをいただいて、思わず泣いてしまったので、きょうからブログ再開するね。 ちょっと休むつもりが何か月にもなってしまいました。読んでいてくださった方、ごめんなさい。 なんかさ、大きいこと書きたいのよ。やれ、楽器がどうの、唇がどうの、息が […]

  • 2017年6月14日
  • 2020年7月5日

ネアンデルタールの笛・・・(2)

「自然」という脅威に対して、人間以外の動物が取り得る態度は「服従」だ。服従とは理不尽なものだ。いっさいの不幸は突然、理由もなくやってくる。人間以外と書いたのは、人間の成功は、まさにこの一方的な服従と向き合ったことにある、と思うね。恐怖の出所を意識した […]

  • 2017年6月5日
  • 2020年7月5日

ネアンデルタールの笛・・・(1)

ネアンデルタールの人骨が多量の花粉とともに発見された。その事実によって、専門の学者がどのような推論を組み立てて、「ネアンデルタール人は丁寧に埋葬された」と結論付けたかを私は知らない。これを正しいとするためには、ネアンデルタール人が花を美しいと思い、か […]