夏蜜柑20個GET!


Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, null given in /home/capito/capito-web.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/post_types.php on line 46

Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, null given in /home/capito/capito-web.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/post_types.php on line 46

南房総の旧実家襤褸屋別荘で、夏蜜柑が黄色くなってきた。今年は豊作。

2月2日ちょっと早いかもしれないけど、豊作なんで収穫。

とりあえず20個をGETする。

南房総のあちらこちらで、毎年、夏蜜柑が使われずに樹に生ったまま。もったいないよ!まだ若いから、皮も汚れていなくて綺麗。ジュースを絞ってから、皮をオレンジピールにする。まず表面を良く洗ってから百均のおろし金で表面を削る。

いろいろ試してみたけど、百均のおろし金が一番。怪我するといけないので、刃は取ってある。ま、こんな具合になる。これが一番大変な作業。15個でギブアップ。

これを、必殺絞り器で絞る。大体1個100cc位になる。これは、酢の代わりに、カルパッチョやサラダドレッシングに使える。使えるというより、こっちの方が断然おいしいのだ。こうして小分けにして、冷凍保存だ。これが絞った皮。中の袋を取ってやる。

 

白いところはなるべくたくさん残すようにする。だって、そこがオレンジピールになるんだもん。

巾6~8ミリくらいの短冊に切ってやる。でっかい鍋一杯になった。15個で止めといてよかった。たっぷりの水で茹でる。沸騰したら水にとって、3回くらい繰り返す。

一晩、水にさらす。こんな具合だ。水を切って重さを量ったら、2.6キロもあった。あちゃ、砂糖が足りないかも。

結局、近所のスーパーへ砂糖を買いに行く。

1時間半くらい煮てやると、こんな感じだな。さあこれからがたいへんな作業。ざるに挙げて、シロップを切ってから・・・

並べて干す。皮を上にして、ひたすら並べる。

シロップは瓶に保存。カクテルや、さっき絞ったジュースで作るレモネードに使うととてもおいしい。

グラニュー糖をまぶして出来上がり。

 

このまま食べてもいいけど、チョコレートをかけて、オランジェットにしたり、刻んでパン種に混ぜてオレンジパンにする。干し葡萄や干し杏子と一緒に刻んで、ラム酒に付けておくと、シュトレンの種になったり、パンケーキに乗せても上等。今年は上手くできた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です