「癖」カテゴリーアーカイブ

フルートの吹き方 癖(1)

仮に、誰もが認める大奏者に、何らかの癖を見つけ出したとしよう。で、それを真似すれば、その奏者のように吹けるようになるとはだれも考えないだろう。しかし、かっこだけ真似て、脳内で大奏者になって、うっとり吹いてみるのも、楽しいに違いない。恰好を真似る為の観察も、フルートをうっとり吹きたいと思う心も、どちらもフルートに対して積極的でなければならず、それは貴重で大切なものだ。

「癖を直せ!」と、言うのはものすごく簡単だ。医者が患者に「安静にして、規則正しい生活を・・・」と言うくらい簡単だ。ついでに言うと「頑張りましょう」「練習しましょう」「落ち着いて吹きましょう」も簡単だ。「正しい姿勢で」も簡単だし、「力を入れないで」も簡単。ずっとお読みいただいている方にはお解りいただけると思うが、「どうすれば頑張れるのか」「どうすれば練習したくなるのか」「どうすれば落ち着けるのか」「どうすれば・・・・できるのか」を書いてきたつもりだ。だから、「どうしたら癖を直せるのか」を書かねばならない・・・厄介だなぁ。

どうして厄介なのかというと、「癖」と「個性」の境界は、結果によってしか判断できない。そして、結果とは何か。大奏者としての評価を得るまでになれば、それを個性と評価して良いのか。でもな、癖のある奏法の大奏者は歳を取るとボロボロになるぞ。フルートだけじゃない、他の楽器でもそうだ。大奏者だから、あえて名前を挙げないけど。人は老いる。若い頃と、同じ顔をしたまま歳は取れない。大女優以外は。?。顔や、唇の状態が日々変化していくなかで、癖のある奏法をいつまで維持できるのか。やはり、合理的な奏法がいいんじゃないか?60になっても、70になっても、80になっても活き活きとした音でフルートを吹きたくないか?

しかし、こういうこともある。例えばテニス。40年前と今とでは全く違うテニスをやっている。バックの両手打ちなんか殆どいなかったし、えげつなく回転するボールも今日ほど打たれることはなかったと思う。でも、明らかに先駆者がいて、新しいテニスを創り、発展させてきた。「美しいテニス」が価値としてあった時代に、両手打ちなんかみっともなく見えた。フルートにおいても、今は単なる「癖」にしか見えない事が、「先駆的役割」につながるかもしれないのだ。

癖を直すのは苦しい。同じパッセージを何十回も繰り返すなんて、癖を治すことに比べりゃ楽なもんだ。ちゃんと言おうか。直さなければならないと自覚している癖から目をそらして、ガンガン練習しては、いかんよ。勇気だ。信念があるなら、貫いた方がいいい、誰が何と言おうとも。だが、「まずい」と思ったら、すぐに直したほうがいい。分かってる! 誰でも。物凄い勇気がいるんだ。根気と忍耐を支えるのは勇気だ。良い先生は、きっとそれを支えてくれる筈だ。

わが師ハンス・ペーター・シュミッツ博士は生徒の前で一切フルートを吹かなかった。薄い鞄ひとつだけ持って、レッスンにやってきた。30代で現役を引退していて、生徒の間でも、果たして自宅で吹いているのかさえ知るものはいなかった。「生徒は、まず先生の一番悪いところを真似をする」から、らしい。このブログの最初の方で、「私たちは誰も聴いたことがないような美しい音」で吹くことが目標であり、誰もがそれを実現することが可能と書いた。 (2016年12月26日)その意味で、博士には多いに大いに感謝している。すべてを、考えさせてくれたからである。

きょうはここまでだ。

フルートの吹き方 癖(2)

癖というと、持ち方とか、アンブシュアとかすぐに考えつくが、実はまだある。でも、今日は持ち方だ。

持ち方について私がどう考えているかは、申し訳ないが「フルートの吹き方 持ち方(1~4)」を今一度お読みいただければと思う。色々な持ち方があって良いのだが、やはり、右手の薬指、小指あたりが、伸びきって突っ張っているのは明らかに、指の動きに支障が出てくると思う。つい最近YouTubeで見たんだが、あの有名フルート奏者P氏の右手小指は突っ張ってるな。真似はしないほうがいいと思うよ。言い訳にもしないほうがいいと思う。私だったら生徒に注意する。そのとき「だってP氏もそうしてるもん」って言ったら、もう何も言わんが。英国のことわざだったかな、馬を水場に連れて行っても、首を下げるのは馬自身だから。You can lead a horse to water, but you can’t make it drink. 冷たく言ってるんじゃなくて、苦労を知っているから。私自身、最初の3年くらい指を突っ張らかして吹いてたからね。さて、ちょっと頑張ろうか。

こう持たなければならない、ここをこう直さなければと、負の要素であまり考えないほうがいい。目標を大きく置いて、それに必要な技術だと考えるようにしたらどうだろう。良い音を出すためにというところでさんざん書いたのだが、「息のエネルギーを最大の効率で音に変える」事を目標にしたらいい。これは言い換えると、「無駄な力を使わない」「なんにもしないで吹く」だ。スッと立って、ふわっと楽器を持って、普段の顔で吹くということ。それが理想だ。そのためにはどうしたらいいか・・・ああ、じゃあ持ち方の研究をするか・・・のような思考順序で行ったほうがいいんじゃないかと思うな。そして、3日間、研究と我慢だ。フルート持って、歌口は肩に担ぐようにして、手の研究だ。長時間でなくていいから、根を詰めて悩む、祈る、決意する。3日だ。たった3日。その間、ロングトーンとか、すごくゆっくりの音階練習ぐらいならやってもいいが、止めとけ。

ここで思い出したんだが、ハンス・ペーター・シュミッツ博士のクラスでは、最初の半年間、1オクターブ目のH(シ)しか出させない。ほんと、マジで。その間、徹底的に音のコントロールを学ぶんだ。内容は、いつか書こうと思う。で、特にきょう書きたいのは、半年後だ。3週間に1度くらいの頻度で、クラッセ(klasse=Klassenvorspiel)というクラス発表会のようなのがある。半年後に、すごく簡単な曲をもらって、そのクラッセにデビューするんだ、新人が。これが、イイんだな。皆、音楽に飢えている状態だから、どんな簡単な曲でも、喜びをもって、精魂込めて演奏する。これ、感動する。

話を元に戻して、3日経ったら、忘れていい。その3日間の「苦悩」があると、それは頭の隅に残っているはずで、色々な局面で、「気になって仕方がない」はずだ。昔の悪い癖も出てくるかもしれないが、そんなに罪悪感はいらない。禁煙じゃないんだからさ。3週間過ぎればたぶんOKだよ。直るよ。

考えても、考えても答えの出ないとき、一度忘れてみるのがすごく効果的だ。人間、すごい能力があって、バックグラウンドでちゃんと考えてる。そうすると、ある時、問題が解決された状態で、ポッと意識に上ってくる。思いがけない瞬間に。もし、未だ答えが得られない問題があったら、是非試してみて欲しい。

きょうはここまでだ。

フルートの吹き方 癖(3)

吹き方の癖、アンブシュアの癖というのが最も微妙で厄介な問題だ。そもそも、何が正しくて、何が癖かの判断が難しい。しかし、フルートの全ての音域で、強弱や、音色の変化の要求を満たすためには、それなりの柔軟性を持った吹き方は必要だろう。それぞれの局面で、難易度に差があるとしても、「苦手」はなるべく無くしておいた方が良い。

よほどの事情がない限り、唇の中心で吹くことを強くお勧めする。フルート奏者は音楽上の様々な要求にこたえるために、息のスピードや、角度、形、太さ等を臨機応変に、そして瞬時に変えなければならない。しかしその時、息の中心は、必ず歌口の中心を捉えていなければならない。もし、唇の横で息穴を作っていたら、唇に加える力が変化したときに、この中心が狂う可能性が高くなる。そうすると、高音域などで唇に力が加わった時に、発音が困難になってしまうことがある。心当たりがあったら、一度鏡で確認してみよう。鏡は、譜面台に置くより、壁に平行な姿見のようなものがいい。そして、鏡に10センチくらいまで近付いて息の穴の状態をよく研究するんだ。正しいアンブシュアを身に付ければ、4オクターブ目のE(ミ)までは大抵の楽器で出せるようになる。

もうひとつ重要なのは、前回にも述べたが、加齢による顔の変化だ。顔の形は絶対変わっていくのだから、厳密にいえば、日々修正が加えられなければならない。この時、唇の真ん中で吹いているのと、微妙な力加減で横で吹いているのとでは、大きな労力の差ができる。はっきり言おうか。唇の横で吹いている奏者は、多くの場合歳を取ると音色がボロボロになる。別に「横」だけじゃなく、不自然な力を必要とする吹き方は、加齢による変化への対応が難しい。

なぜ、加齢による変化まで気にしなくてはならないのか。それは、吹き方の修正はとても難しいからだ。だから、できれば最初から、真ん中で吹くことを覚えて欲しい。これは99%先生の責任であると思う。どのようなアンブシュアが理想なのかは、「良い音を出には」をご覧いただけたらと思う。

昨日書いたが、ハンス・ペーター・シュミッツ博士のクラスでは、最初の半年間1オクターブ目のH(シ)しか吹かせない。音階練習も、エチュードも禁止だ。そこで、真ん中で吹くことを強制される訳では決してないが、しかし、アンブシュアの再構築は、音ひとつで半年間も練習しなければならないほどの問題なのだ。だから、最初から身に着けておいた方がいい、そして、直すなら早いに越した事は無い。

アンブシュアの癖を直すのは、現在の修正というより、一から作り替えをするんだと決めたほうが良い。覚悟と、忍耐が、そしてそれを支える勇気が必要だ。たとえ、半年かかったとしても、その後に開ける道は遥かに遠いところまで続いているはずだから。

きょうはここまでだ。

フルートの吹き方 癖(4)

きょうはちょっと気が付かないリズムの癖について書く。癖というよりも、誰もが持っている傾向、気が付きにくい癖だ。普段から気を付けていれば別に問題は無いんだが。特に今まで考えていなかったとしたら、一度、録音して聴いてみる事をお勧めする。

まずいわゆる「喰いつき」。次の譜例だ。


この、頭の十六分休符の直後の十六分音符、つまり、拍内の2番目の十六分音符が、「短くなる」。こんな風になる。


同様に、次のようなアーティキュレーションの場合、やはり、2番目の十六分音符、スラーの頭の音が短くなる傾向がある。

こうなる。


これを直すには、次のような練習をするとよいだろう。

繰り返し記号で書いてあるが、2回じゃないぞ。続けて何回もだ。

ちょっと面倒だがこんな練習をするともっと効果的、というか強力。

ひとつだけにしとこうか。ん? 短い? すまんな、勘弁してくれ、晩飯の支度する。
寿司つくるんだ。

きょうはここまでだ。

フルートの吹き方 癖(5)

昨日の続きだ。いわゆる「喰いつき」の形が、四分の三拍子で次のように出現する場合である。一拍半のアウフタクトだが、この場合の最初の音符も、短くなることに注意しなければならない。特に、曲頭にある短い音符は、通常よりもやや丁寧に始めなければならないから、要注意だ。

このような時、四分の三拍子を八分の六拍子に読みかえて練習するのが良い。

全く違う音楽になるが、3/4拍子の2拍目の裏が、6/8では2拍目の表になるので、練習の段階で、その音に注意を払う習慣ができあがる。

この読み替えは、逆もまた真なりである。次のような八分の六拍子の2:1のリズムは、なかなか正確に演奏されない。(譜例は八分の十二拍子)

このような時は、これを次のように読み替える。

こうすると、タイに続く最後の八分音符ふたつも正確に演奏できる。ついでにこれをスウィングしてみると面白い。退屈したら遊んでみるといいと思う。

さらに、これがこのような音型になると不正確さが増す。Beethovenの交響曲7番からだが、テンポが速いので、グシャグシャになりがちである。

これは、このように練習すると良い。ゆっくりからだ。

きょうの話、嘘つけぇ! と思ったら、録音して確かめてくれ。例えば、3/4の曲を6/8で吹いて録音し、聴くときは3/4で聴く、あるいはその逆。どうだろう! なんと、しっかりしたリズムが聴こえてくるではないか!

確かめたあなたは才能がある!

きょうはここまでだ。

フルートの吹き方 癖(6)

この「癖」の項目で最初は、各々の「たぶん良くないと考えられる」吹き方の特徴について述べた。なぜ「たぶん」という断りを入れるかと言えば、それらは他人が(先生といえども)「100%直すべき」と断言できない質のものだからだ。結果に至らなければ、それが間違っていたのかの証明はできない。しかしな、結果が出てからの後戻りもできない。人生と同じだな。親や先生の話をどこまで聞くかって話だ。俺は、ほとんど聞かなかった。だから・・・

さて、その「癖」は個別のものだけではなく、人間の持つある種の特性としても存在する。演奏者として、あるいは学習者として、それを意識に上らせることは、全体の発展に与することになるだろう。その一部として、リズムについて例を挙げた。きょうはまとめとして、まずいくつかの注意すべき点を挙げてみよう。

★長い音符はより長く、短い音符はより短くなる傾向がある。例えば、小さい音価で構成されたパッセージに続く大きい音価によるパッセージは、確実にテンポが落ちてしまう。
★「歌う」とテンポは遅くなる。「歌う」という事についてはいずれ項目を立てて書くつもりだが、そもそも「歌う」ことに内包されている要素、「立ち止まる」「訴える」などによって、推進力は失われる。

ふたつを思いつくままに書いたが、ハンス・ペーター・シュミッツ博士はその著書「演奏の原理」の中で、これらを明快に解説している。氏はその中で演奏上の様々な要素を、二つのグループに分ける。右のグループは、「明」のグループだ。例えば、速い、強い、短い、高い、固い、だんだん早く、だんだん強く等だ。左のグループは、「暗」で、遅い、弱い、長い、低い、柔らかい、だんだん遅く、だんだん弱く等だ。これらの要素は、互いにそれぞれのグループの中で、影響しあっている。例えば、「下降の音階はだんだん遅くなったり、弱くなったりする傾向がある」、あるいは「ディミヌエンドはだんだん遅くなる傾向がある」と解釈できる。しかしそこで、単純に「だから気を付けろ」と氏は言っていない。「ある局面で現れる弱点を、反対のグループの長所によって補完させる」事が、「演奏の原理」だと述べている。・・・先生!許して!まとめちゃいましたから。

例えば、下降の旋律は、クレシェンドと組み合わせると、弱くなっていく印象を防ぐことができるだろう。(もちろん必要なら、だ。)同時に、下降の旋律にディミヌエンドを組み合わせれば、その印象はより強いものとなるだろう。高音域で「歌う」なら、音は大きくないほうが良いだろう。印象が台無しになるからな。

こうしてみると「個性」とか「創造性」は究極の「癖」に他ならないと考えられる。「癖」は単純に直すべきものではなく、「人間」そのもの、「音楽」そのものと考えたほうがいいかもしれない。それに気が付きさえすれば、直すのも楽しく、利用するのもまた楽しいものだ。

モーツァルトのモーツァルトたる要素は、器楽的なアレグロの楽章に「歌う」要素を採り入れた、(Singen des Allegro)と言われる。うん。

きょうはここまでだ。