「楽譜通り?」カテゴリーアーカイブ

フルートの吹き方 楽譜通り?(1)

 最も簡単に、曲を吹く方法は、楽譜通りに吹くことである。はい、おしまい。
え?機嫌悪いのかって?いや、普通だ。この件について書くと、際限ないから憂鬱なんだ。横槍が入るのが分かっているからな。「まず、楽譜通りに演奏するのが基本でしょ、基本無くして発展無し」「勉強の過程では、楽譜通りに吹くのがまず大事」「楽譜通りに吹ければ後は個人の自由ですから、個々の感性に従って」「じゃぁ、好きにやっていいんですかぁ」「作曲家の意図に沿わなければ」・・・

 楽譜って何なんだ?そこに、「音楽」が詰まってるのか?ねえよ。設計図?いや、メモ位だろ。黒いインクだけで表現される二次元の存在が「楽譜」だ。演奏するという行為は、二次元の存在を、立体化することだ。現実化、血肉化と言ってもいい。自分が創り上げたい、あるいは造り上げなければならない音楽の中に、楽譜というメモの比率はどのくらいか考えてみるといい。音楽がデカければデカいほどメモの比率は低くなるよな。誰よりも美しい音で、的確なテクニックで、楽譜通りに演奏し、ちょこっと思い入れの表情なんか付けたりすれば、音楽が勝手にデカくなる・・・わけはない。

 作曲家は個々の楽器に対してそんなに詳しくはないし、演奏家の音楽性にまったく期待していない作曲家も稀だ。手書きの譜面見てみろよ。スラーなんか、ぴゅぅっといい加減に引いたのが多いぞ。フルート吹きの息の長さなんて、J.S.バッハなんか、知ったこっちゃぁないと思ってるぞ。息取りの記号だって、作曲家が書いたのかどうかきわめて怪しいし、書いてない所で息を取ったら間違いか?スタカートの点が付いてない音符を、スタカートで吹いたらいけないのか?それに、スタカートだって、いろんな種類があるしな。23連符は全部23分の1の長さじゃないといけないのか?ドップラーはフルートの名手だったが、絶対にあの楽譜通りには吹いてない。吹いた音楽を楽譜に直したら、あのようにしか書けなかったというのが本当のところだろうね。つい最近までは、作曲家は手書きで譜面を作った。それを書き写したり、版に起こす人がいて、印刷譜が出来上がる。その過程で間違いは起こらないのか?どこの誰かも示さずに、勝手に手を加えられた譜面は山のようにあるぞ。クレシェンドやディミヌエンドが付いたヘンデルのソナタの譜面があるぞ。皆の大好きなケーラーのエチュード、版を3つ持ってるが、皆違うぞ。

 「楽譜通りに吹く」という考えこそ、実はいい加減で無責任なことじゃないか?ま、しかし、これだけは言っておこうか。ただの不注意で楽譜通りにできなかったのを、「私の考えでは・・・」とか言うなよ。それ、後出しじゃんけんだからな。

 ものすごく、感覚的で根拠ない考えだが、演奏される音楽の中で、楽譜によって決められる部分は、まあ大甘で50%だな。20%くらいが適当だと思うよ。それに、この比率は曲が書かれた時代が、古くなればなるほど下がっていくはずなんだ。単に、時代が古いとか、記譜法の問題ではなく、こういうことだ。私たちはバッハの後のモーツァルトを知っているし、ベートーヴェンやブラームスを知り、近代音楽、現代音楽、ジャズ、ポップス、演歌まで知っている、そう、演奏する方も、聴く方もだ。まさか、知らない振りも出来まい。構築されるべき音楽の可能性は遥かに大きくなっているのだな。

きょうはここまでだ。

フルートの吹き方 楽譜通り?(2)

 きょう、当工務店に施主から依頼があった。ヘンデル設計事務所のソナタ仕様で家を建てて欲しいという。

 ヘンデル設計事務所は、18世紀にあった大手設計事務所であるが、図面だけが残されており、しかしこれがまた素敵な家なんだな。明暗の対比が特徴の当時の様式に沿っており、間取りは4部屋。最初の部屋と、次の部屋は明暗のセットになっており、最初の部屋は、来客をもてなす部屋で、ゆったりとした空間になっている。第二の部屋はちょっとした活動的な空間で、室内での活動的なゲームなんかに使われる。第一の部屋と、第二の部屋の間にはドアなどは無く、ほとんど繋がっている。専門的に言うと、半終止・アタッカ構造と言うんだ。廊下を隔てた第三と第四の部屋もセットだ。第三の部屋は、ゲームに疲れた人たちが、ゆっくりと休める空間になっている。やはり、第四の部屋とは第一部屋と第二部屋の関係と同じ半終止・アタッカ構造で、繋がっている。第四の部屋は、明るく景色が良くて、くつろいだ客はおしゃべりして楽しむことができる。

 ヘンデル設計の図面には、この大まかな間取りに沿った柱の構造だけが示されており、壁や内装等は工務店の技量に任されている。設計された当時は、まだ入手できる素材に限りがあって、ほとんどは漆喰の壁だったようだ。ただ、明暗の対比が価値観の中心だったので、第一と第三のゆったりした部屋の壁は黒の漆喰、第二と第四の部屋は白の漆喰と、かなりコントラストが激しい。この漆喰の壁には装飾が施されるのが普通であるが、施工代金をケチると何の装飾もない壁だったり、工務店自体に最初っから装飾なんか付けるつもりのないところもある。でも、それは、まだましな方で、悪徳業者に引っかかると、柱だけで完成だと言うんだ。壁なんか付いてないから、これじゃ住めない。クレーム付けると、「設計図通りですけど何か?」と言って平気な顔だ。

 壁の装飾は、当時のイタリア工務店だと、柱を覆うように壁を作り、天井から床まで装飾でびっしりだ。フランスの工務店は、それとは違って、柱と柱の間に壁を作り、装飾もとてもシンプルなものを使う。さて、当工務店だが、施主の「ちょっとぶっ飛んだ」趣味から、新素材も検討しなくちゃならない。19世紀になると、明暗の対比による白黒壁から、グラデーション壁が発明されて、間取りも自由になった。第四の部屋が豪華絢爛になって、主人の自慢気な様子が私にはちょっと気に障るところだ。

 現代素材にも色々あって、最新はバーチャル壁とかプロジェクションマッピングなんてのがあるが、これはヘンデル設計の図面にはちょっと無理だ。でも、そのうち上手くやってくれる奴が出てくるだろう。ロック金属の出したヘビーメタルも面白いが、これは自由建築に合った素材で、小さく切り取るのは無理だろうな。それなら、ジャズ工業製のスゥィング素材が面白いかな。ちょっとおとなしいけど。スゥィング・ディテールは18世紀にもあったし、ヘンデル設計の美しい柱の組み合わせを生かして使えるかも。そうそう、日本製の演歌ビニールも考えないではないけど、柱の強さに対して、どうも素材が弱いな・・・ワクワクするなぁ

きょうはここまでだ。