「音程」カテゴリーアーカイブ

フルートの吹き方 音程(1)

問題を切り分けておくぞ。ひとつは、奏法としての音程の高低について、次に楽器の持つ音程の特性について、そして、「音程」とは何かという問題だ。今回はこの一番厄介な「音程とは何か」についてから始めようと思う。

都内のある所に、信号機のついていない五差路があった。いつもロードバイクで走っているところだ。ちなみにな、ロードバイク乗るの大好きなんだが、去年の9月にコケてな、大腿骨折れて1か月入院しとった。で、いまだに「おかあちゃん」の再乗車許可が下りない。関係無い話ですまん。で、その五差路に、ある日信号機が付いたんだ。そしたら、怖いのよ。以前は、皆、一時停止して、相手の様子を伺い、目を見て安全の確認をしていた。ところが、信号機が付いたとたんに、それをしなくなった。何しろ五差路だから、どっちへ行くのが直進か、右折か、左折か、解釈が一定でない。でも、自分の信号が青だと、「こっちが青だもんね」って、皆、突っ込んでくるようになった。もう、相手の目なんか見ちゃぁいないのね。

信号機をチューナーに置き換えてみてくれ。ある日、皆がチューナーを持ってきた。誰も人の音を聴かなくなった・・・恐ろしい話だろ? そもそも、音程は皆で決めるものであって、チューナーが決めるものではない。チューナは持っていても良いが、あんなもん家でこっそり使うもんだぞ。楽器の調整が狂っていないか、吹き方に偏りが出ていないか、ちょと調べてみるには確かに使える。しかし、レッスンやアンサンブルに堂々と持ってくるのはいただけない。耳で合わせようぜ。それが、ゆくゆくは自分のためであり、アンサンブルの向上になるんだから。だいたい、最初に皆がチューナーで、ぴたっとAに合わせられたとしようか、でも、曲が始まった次の瞬間グシャグシャにならないか? その時、チューナー見えるか? 見えたとしてだ、それで、たまたま自分の音がチューナーの真ん中を示していたからと言って、「私は合ってるもんね」って知らん顔できるか? できたら凄い度胸だな。しかし、その性格直さないと友達無くすぞ。

そもそも、音程が合うというのは、振動数が一致するという事で間違いない。そして、その振動数の比が単純な整数比であればあるほど協和する。オクターブは1:2だし、完全五度は2:3だ。完全4度は3:4で、長三度は4:5だ。こんな事を試して欲しい。最低音のC(ド)を吹く。指はそのままで、倍音を出してみてくれ。息のスピードを速めればいいんだ。第一倍音はオクターブ上のC(ド)だ。振動数が倍になるからだ。次に出るのは、2オクターブ目のG(ソ)だ。振動数は3倍になっている。次の倍音は2オクターブ上のC(ド)だ、振動数は4倍で、それは2倍の2倍だからな。次は振動数が5倍、これはE(ミ)が鳴るはずだ。次は6倍で(3倍の2倍)G(ソ)、7倍は何だと思う?B(シ♭)だ。8倍はそうまたC(ド)だ。そうやって、奇数の倍音が出てくると次々に新しい音が獲得される。実は、これ、もう少し続けていると、すっごい矛盾が生じてくる。詳しくは改めて「音階」または「平均律」という項目を立てて書くつもりだ。

今、問題にしたいのは、その協和する音を、協和していると感じる我々の耳だ。耳は鼓膜で音を感じるのは知っての通りだ。その鼓膜は、フルートの倍音と同じように整数倍の振動に協和する構造のはずだ。膜だからな。だから、それを感じられるような習慣を身に付ければ良いのであって、チューナーを見ながらの、「もう少し上」「もう少し下」というような問題では無い。だから「貴方の鼓膜の倍音はちょっと低い」という事は普通はあり得ない。「倍音を感じる習慣ができていない」だけのはずだ。まずはオクターブを、次は完全五度を感じる習慣を付けたらいい。歌ってみるのも凄く効果的だ。なぜなら、声帯も同じような構造のものだから、3倍の倍音を出す感覚によって、完全五度が取れるようになる。我々が音楽に用いる道具、器官、すべてこの構造から成り立っている。その構造に沿って「感じる」ことができれば、それが音感だ。

実は、話はまだまだ長い。後々書くが、我々には、純粋な「協和」を心地良いと感じる一方で、「平均律」という妥協の産物に、自らの耳を屈服させてきた歴史がある。しかし、それによってこそ、音楽は偉大な発展を遂げることができた。その長い葛藤の歴史を思わずして、チューナーの指し示す目盛りに盲目的に従うなら、それは我々の器官を退化に導き、いずれ音楽は崩壊するだろう。

今日はここまでだ。

フルートの吹き方 音程(2)

昨日、チューナーの使い道として、楽器の調整、吹き方の偏りと挙げておいた。チューナーが信用できるのは、オクターブを測る時だけだからだ。奏法においても、楽器の調整においても、オクターブはしっかり振動数2倍の音程として保たれなければならないだろう。ついでに言っておくと、オクターブの次に協和するはずの完全五度でさえ、チューナーは正確に示すことができない。純正調を示すアプリもあるけど、それはそれでかなり面倒な使い方になる。

留学中にベルリンフィルを何十回も聞いた。興奮してくるとピッチが確実に高くなる。それは、あのオーケストラにとって改めねばならぬことなのだろうか? 「いや、ベルリンフィルだから許される」というかもしれない。しかし、それはもっと違うと私は思う。音楽とは、命そのものだと私は言い続けてきた。だから、呼吸があり、鼓動があり、体温がある。美しい人、あるいはハンサムな男性に見つめられたら、呼吸は浅くなり、鼓動は早くなり、体温は上がる。はずだ。そんな事は無い、というのなら、フルートの練習より、おしゃれでもして街に出たほうが、よほど充実した人生になるだろう。ピッチは変動する。私見だが、いや、偏見だが、ピアニストによく「興奮したフリ」をして弾く人がいる。髪振り乱して、鍵盤に腕をたたきつけるようにして、「臭っさぁ」ってのが「よく」居る。演奏にとって、視覚的要素も重要なんだが、あの過剰な動作はきっと、「いくら興奮しても体温が上がらない」フラストレーションのせいじゃないかと勝手に思っている。ま、オーケストラだって、どんどんピッチが変わっていいわけでなく、音程を変えられない打楽器系の楽器(グロッケン、チャイムetc)が出てくるところでは配慮が必要だけど。(大抵低く聴こえるよな。)

ヴィブラートについて考えてみよう。ヴィブラートというのは、音の強弱の揺れと、高低の揺れによって行われる。美しいヴィブラートの振幅は、通常の音域ではあるべき音高の6~8%、振動数においても6~8ヘルツと言われている。(ハンス・ペーター・シュミッツ「演奏の原理」)これ、かなりデカいぞ。デカいと同時に、それぐらいの幅は、必要な幅として許されているという事である。だから、フルートでハーモニーを形成する場合、ヴィブラートをかけるだけでかなり調和して聴こえるようになる。(この意味において、ヴィブラートは必須の技術である。)

さらに、音に含まれる倍音の多寡、質によって測られた音程よりも、低く聴こえたり、高く聴こえたりするし、会場の残響も一定の音程を保っては聴こえない。そして、こういった事情の中で音楽が行われている以上、「音程」とは、ある瞬間に定まった正しい音程が想定できるわけではなく、常に、「高いのか、低いのか」という疑問、調整、妥協の中でそれぞれの奏者によってきめられていく。としか言いようがない。だから、「音程に自信がない」というのは、ある意味で正しい意識だ。しかし、それをチューナーの針で解決してしまうのは、「最悪の解決方法」ではないだろうか。

疑問、調整、妥協と書いたが、それこそ我々が練習によって獲得すべきものであり、経験が大きな役割を果たす。では、どんな訓練が効果的か。ある音と同度の音を重ねて歌う、出す。オクターブ上下を重ねて歌う、出す。完全五度上を重ねて歌う、出す。その時、「合っているか」なんて考えなくていいんだ。「気持ち良くなるまでやってみる」だけでいい。きっと、「これだっ」っていうポイントを見つけられる。だって、鼓膜は膜だから。なるべく一定の音程を保てる楽器の音とともにやってみるのが簡単で良いのだが、えてしてこの種の楽器は電子楽器だったりする。それでもいいけど、私的には、電子楽器の音はちょっとやり難いと感じている。フルート2本でやるともっと勉強になる。相手が下がりゃこっちも下げるしかないしね。慣れてきたらフルート3本で三和音を耳で作ってみようか。きっと、ほんとに美しい和音が聴こえてくるぞ。保証する。ま、それでもチューナーは踏みつぶさないで家に置いとこうな。

きょうはここまでだ。

フルートの吹き方 音程(3)

昨日までの話で、疑問を持たれた方はいないだろうか。「絶対音感」なんじゃそれ? である。ま、絶対音感にも色々あるようで、基準音なしに音高を言い当てられるというレヴェルのものから、1ヘルツの単位で音を言い当てられるという、人間チューナーみたいなものまで存在する。音高を言い当てられる位のレヴェルなら、ガキをちょいと鍛えりゃすぐにできるようになる。それ位だったら、全く罪は無い、「いいんじゃね」くらいのもんだ。しかし、人間チューナーになると、悪いけど、音楽できません。たぶん、演奏の途中で気が狂うと思う。転調したとたんに、メロディーわかんなくなると思う。昨日書いたように、音程は、疑問・修正・妥協で決めていくしかない。妥協というのは、耳の欲求をなだめて、その音を新たな基準に置き換えるという作業だ。それは、音を「相対化」するという仕事であって、音楽という行為の中で最重要な要素だ。それは、明らかに「絶対音」よりも、上位に位置する。

もし、高レヴェルの絶対音感を持っていると主張し、尚且つ自称音楽家であるなら、倍音の原理には反応しないという、よほど、鈍感な耳を持っているのか、そもそも「絶対音感」自体「眉唾」なんじゃないか。物理的と言おうか、生理学的と言おうか、「倍音」という概念自体、「相対」から成り立っているんだから。

そもそも、絶対音感なんて自慢したり、羨ましがられたりするのは日本くらいのもんだぞ。もとはと言えば、帝国海軍が、敵機来襲をいち早く知らせるために、国民に普及させようとしたことに始まる。馬鹿馬鹿しいんで、途中で止めちゃったらしいけどね。

そういうわけで、諸君! 絶対音なんか羨ましがるんじゃない。はっきり言っておくが、音楽には不必要だ。同じ「絶対」を自慢するなら、なぜ、「絶対テンポ」という概念が出てこないのか不思議だと思わんか? そう、人間メトロノームだ。こっちの方がはるかに便利だし、害も少ないんじゃないかと思うんだけどなぁ。昨日は音楽を、呼吸や、鼓動や、体温にたとえたが、いずれにしても、それらは、変化することが特質であり、そのことによって「命」を守る役割を果たしている。

我々は命を尊び守りつつ、しかしいつの日かそれを失う。その潜在的な悲しみの中にあって、絶対的な価値観を求めるのは人間として至極当然の欲求だろう。だが、永遠に吐き続けられる息は無いし、微動だにしない楽器の保持も無い。絶対的な音程も無いし、変化しないテンポも無い。言い換えれば、生きている限り自由であるし、そのことがまた、生きる難しさでもある。楽しいじゃないか!

きょうはここまでだ。

フルートの吹き方 音程(4)

音の高さは通常、周波数によって表される。空気の粗密のサイクルが1秒間に440回行われれば、真ん中のAというのはご存知の通り。人間の可聴域は下は20Hzから上は20,000Hzと言われてきた。上に20,000Hzと言っても、楽器的にはせいぜい5000Hz位が精一杯で、それ以上は聴こえないというのではなく、出せる楽器が無いだけだ。低い方は、楽器的には20Hzよりももっと低い音を出せるオルガンがある。でもね、そんな低音聴いたって、音程なんか分かんねぇよ。いうなればビリビリ音だな。この周波数とは別に、人間が1秒間にいくつの音を認識できるかという指標があって、これが大体1秒間に18個と言われている。この数は、周波数の下可聴域の数字と大体一致する。ビリビリ音と書いたのは、そのビリビリが1秒間に18個になると、これは音程としてではなく、ビートあるいはパルスとして感じられる領域に達するという事でもある。つまり、音の周波数をどんどん下げていくと、最初は音程が下がっていくが、しまいには音程が分からなくなり、ビートとして認識されるようになる。旋律は音程の変化であり、リズムはビートの変化と考えれば、ここにおいて、音程とリズムは連続したひとつの要素と考えることができるのではないだろうか。あれ? 巷で有名な音楽の3要素ってこの二つを全く別の概念として捉えてなかったか? ついでに、言っておくと、もっと周波数を落としてやると、数秒間に1回というビートになる。これを「形式」と考えると、さらには「様式」そして「時代」、「歴史」にまで想像を発展せることができる。先に、「楽譜」の項目で、楽譜から離れると、曲全体から、人生までが見通せるというようなことを書いた。何を血迷ったことを言っているのかと思ったかもしれないが、別の視点から音楽の領域を広く見渡そうとしても同様に、私たちの存在の根源に行きつくことができる。

話を元に戻す。ではハーモニーとは何か。メロディーが多層化して進行している状態としようか。いや待てよ、リズムとメロディーの両立だって既に多層化の現れじゃないのか?そこで、多層化という可能性を、可聴域よりももっと下の周波数にも広げれば、ここにポリフォニーに対するポリリズムが成立する。このポリリズムの考え方は結構古くからあったのだが、しかし、まだ未開の分野と言っていいかもしれない。まだ、多層化と言えるほど持続的なエネルギーを持ったものが出現していないんじゃないかと思う。あ、また話がそれちゃった。そこで、私には巷の音楽の3要素とやらも、どうも怪しい考え方じゃないかと思えてならない。単純に考えて、メロディーとリズムは時間に規定されるが、ハーモニーは時間に規定されない概念だろ。音楽の特質が、時間という基礎の上に成り立つことを考えれば、ハーモニーという概念は、時間に規定されるいくつかの要素の重なり合いの状態を表しているに過ぎない。それなら、ここでハーモニーの概念をまっとうな大きさに広げてやろうじゃないか。多層化だ。このことによって、今こそ全く別の音楽の概念を提示しようじゃないか。これまで挙げてきたすべての要素、音程、リズム、形式、様式、時代、歴史、そして楽譜、フレーズ、楽章、曲、練習、演奏、人生、命、それらを多層化し、ある調和を目指して進行させること、それが音楽ではないだろうか。

いやぁ、ついに、書いちまったな。

きょうはここまでだ。

フルートの吹き方 音程(5)

きょうは、フルートという楽器自体が持っている音程の問題について書く。3オクターブ目の音程が上ずって困っていないか? 「強く吹きすぎだから」とか「もっと唇の力抜いて」とか言われるだろ? ま、間違いではないんだが、その前にもっと重要なことがある。フルートの管ってどんな形状しているか、よく見たことあるか? 胴体は同じ太さだが、頭部管は先のほうにいくにしたがって細くなっている(絞り)だろ? 「今、気が付いた」なんて言うなよ、悲しくなるからな。この絞りが、3オクターブ目の音程に重要な役割を果たしている。

面倒だが、説明するわ。フルートの3オクターブ目の音程は、第1オクターブにある基音の第3倍音と第4倍音の組み合わせの運指によって出す。「あ~、もう分かんね」って言うなよ。大事な所だから。例えば、3オクターブ目のF(ファ)の運指と、キイの開閉の状態を見てくれ。F(ファ)【この音の第4倍音が3オクターブ目のF(ファの指使いと、B(シ♭)【この音の第3倍音が3オクターブ目のF(ファ)】の指使いが組み合わさってるだろ? 詳しく言うとF(ファ)と、B(シ♭)の指使いの間のキイ1個が開いてる。A(ラ)のキイだ。これが、3オクターブ目の指使いの基本。ついでに言うと、Eメカの付いていない楽器のE(ミ)、それからFis(ファ#)は、この間のキイが2個空いてしまうだろ? だ・か・ら、ちょと出しにくいの。昔、楽器メーカーで開発されたFisメカ付き楽器を吹いたことがある。なんだか、訳の分からん機械が付いていて重かった記憶がある。結局、実用化されなかったんだな。Eメカついてると、G-Aトリルに困難が生じるように、なんかその辺で問題が生じたのかもしれない。単に、馬鹿臭かったのかも知れんが。

話を元に戻し、さらに面倒になる。この頭部管の絞りだが、これは先ほど述べた第3倍音の高さに影響する。絞りが強ければ、第3倍音は高くなると覚えてくれ。おっ! 察しのいい人は分かったみたいだな? 絞りの強弱というのは、当然、楽器全体に対する比率だから、「頭部管を胴体に深く差し込んで」楽器全体が短い状態になると、絞りを強くしたことになる。すると、第3倍音は高めになり、第3オクターブの音程が上ずる。だろ? つまり、吹き方自体が低く、頭部管を胴体に突っ込みすぎて吹いていると、3オクターブ目は高くなってしまう。 頭部管を内側に回して、歌口を半分くらい覆って、唇に力入れて吹いてると、際限なく上ずるぞ。

チューナー、まだ踏みつぶさないで持ってるだろ? ぜひ実験してみてくれ。頭部管を1センチくらい抜いて、Aを合わせる。そのまま第3オクターブ目を吹いてみてくれ。な? 楽勝だろ? 音程だけじゃなくて、高音が出しやすくなっただろ?

先ほど述べた、第3オクターブのEメカのついていないEとFisだが、キイが2つ空いてしまっていることによって、音程がやや上ずる。これは、絞りとは関係ない。だから、私はEメカ付きを強く推奨するね。G-Aトリルはどうするって? 左の、2.3.4を押さえて、2.4を同時に上下してトリルするんだよ。難しいけどな。

楽器自体の音程の問題は、まだ続くぞ。

きょうはここまでだ。

フルートの吹き方 音程(6)

昨日もちょっと触れたが、我々はフルートのチューニングの際に、頭部管と胴部管の抜き差しによってその調整をする。だがしかし、考えてみよう。もし、何らかの事情によって、自分の楽器全体の音程が低い場合、本当は「全体が小さい(短い)」楽器を必要とするはずである。単に頭部と胴体の距離を縮めるのではなく、キイ同士の間隔を僅かずつ少なくしていかなければならないはずだ。だから、頭部管を押し込んでいると右手の音域で、相対的に音程はぶら下がり気味になる。逆に、抜きすぎていると右手の音域は上ずり気味になる。

何度も言うが、最初にAをチューナーで合わせたとしても、このことを考慮しなければ、チューニングは何の役にも立たない。結局のところ、一番誤差を少なくして吹くためには、「設計通り」に吹くのが一番ストレスが少ないのだが、さてさて、各メーカーで、どんな考えと計算のもとに設計されているかまでは、なかなか教えてもらえない。それに、作る方だって、倍音という純粋な物理現象に従おうとする「管の物理的特性」を、平均律に合わせられるように、工夫と妥協を重ねて作っているわけだ。如何ともし難い音程の癖が出現するのは当たり前だし、奏者はそのことを熟知していなければならない。

楽器自体の持つ音程の癖を知る前に、まず楽器の調整をしっかりしておこう。特に音程に影響があるのは、頭部管内の反射板の位置だ。これは、オクターブの広さにかなりな影響を与える。だからと言って、自分の吹き方に合わせて調整してはいけない。こればっかりは、歌口部分の直径と等距離(17ミリ)に合わせておかなければ、響きや音色など、音の根幹部分に影響が及ぶ。掃除棒のしっぽにあるマークも、数本比べるとえらく誤差がある、きちんと17ミリの位置にマークがあるかも要チェックだぞ。その調整をしてもなお、1オクターブ目と2オクターブ目のE(ミ)からH(し)位の間でオクターブが狂うようだと、吹き方が正しくない可能性が高い。

さて、楽器の調整もOK、吹き方も悪くないという前提で、ごく一般的な現代フルートの音程の癖について整理しておこう。以下に述べるのは、あくまでも平均律の音程を基準にしているから、実際の演奏では必ず修正しなければならないというものではない。まず、一番癖が出やすいのがD(レ)だ。第1オクターブのDは大体低めだ。これは、吹き方によることが大きい、低音を出すために、必要以上に息を下向きに入れていると、当然低すぎることになる。また、正しく吹いても、第3オクターブのDは明らかに低い。これは、常に修正が必要だ。第2オクターブは、やや高めの傾向がある。ただし、先に述べた頭部管の抜き差しの量で、高くない場合もある。Cis(ド#)も厄介な音程だ。1オクターブ目は低く、2オクターブ目は高く、3オクターブ目は低い。1オクターブ目は、D(レ)と同じ理由。2オクターブ目は、指使いから分かるように、管が最短の状態で、吹いたときの管からの抵抗が最も少ない。それによって、息が腹で正しくコントロールされていないと、息が入りすぎて高くなる。3オクターブ目は正しく吹いていると低めになる筈だ。これが高いと、2オクターブ目はどえらく高いはずだ。

3オクターブ目が全部高くなるようなら、昨日書いたように、吹き方を疑ってみるべきだろう。正しく吹いても、Es(ミ♭)とFis(ファ#)はやや高く、A(ラ)はかなり低いはずだ。B(シ♭)とH(シ)が低くなるのは右手の小指を離せば、いくらか修正できる。というか、離すのが正しい指使いだ。

一般論として書いたが、実践では音程はもっと上下するから、あんまり役立たないかもな。
明日は、吹き手に起因する音程の問題を扱おうと思う。

きょうはここまでだ。

フルートの吹き方 音程(7)

音程については、「疑問・調整・妥協」によって決まると述べてきた。それは楽器製作の次元でもまったく同様なので、少なくとも正しい楽器の調整と、設計思想に沿った吹き方が求められる。きょうは、「それでもまだ音程の問題からは解放されない」だ。そう、「吹き方」だ。フルート吹きなら誰でも知っていることだが、フルートは「音程が悪い」楽器なのだ。しかし、思い出して欲しい。楽器の持ち方はどこか決められた数点で楽器を保持するのではなく、バランスで持つべきだと書いた。息取りは、息を吸うことを音楽表現の中に取り込もうと書いた。だから、音程の問題も、そのコントロールによって、私たちの音楽表現の輝かしさを、いっそう増すものとなるのではないか、と考える。

フルートに対して、私たちは息をどのように当てるかを考えてみよう。そこには様々な条件があって、それらはそれぞれが独立しているわけではないので、これをこうすればこのようになると結論付けることは難しい。例えば、「息をやや下に吹き込む」と、音程は下がる。しかし、これが、単に息の角度によってもたらされたのか、息を下に吹き込むためにフルートを内側に回転させたことにより、唇の息穴と歌口のエッジが近づいたからなのか、判別するのは難しい。さらに、この場合、倍音構造が変化して音色が変わるのだが、そのことが耳で感じる音程に影響を与えているだろう。また、管内に息をより多く吹き込むと、管からの抵抗も大きくなるので、息のスピードも落ちるかもしれない。このうちどれが、音程を下げさせる条件となったかを説明するのは難しい。演奏をしている上で、我々はしばしば音程を補正しなければならないが、「高いときはこうする」「低いときはこうする」といった、決め手になるような技術は無いと思っていたほうが良い。ある局面で音程が低すぎると感じたとしよう。補正するのに、楽器を外側に回すのか、息をやや前方に出すのか、息のスピードを上げるのか、さらに「倍音が多い音は高く聴こえる」事を利用するのか、解決法は様々だ。

ただ、注意点としていくつかを挙げることはできる。低い音域では下がり気味、高い音域では上がり気味。フォルテは上ずり、ピアノはぶら下がる、同様にクレシェンドは上ずり、ディミヌエンドはぶら下がる。フレーズの最後はぶら下がる。息のスピードを上げると音程は上がる。息の量を多くすると音程は上がる。楽器が温まれば音程は上がる。下を向けば音程は下がり、上を向けば音程は上がる。冗談で言っているわけではないぞ。楽譜にかじりついていると、楽譜の上下は30センチもあるのだから、当然上段と下段では姿勢が違ってくる。音程も変わってくるよ。

数回前に私は、音程を体温に例えた。興奮すれば上がり、落ち着けば下がる。高熱は確かに身体にダメージを与えるが、しかしその一方で、自身を守るために何かと戦っているのだ。ダメージを避けるために体温を下げるのか、戦うことを優先するのか。いずれにしても、機械で常に一定の体温を保つことなど、不健康極まりないだろう。何度も言うが、音楽も同じ、生きている。上ずり、ぶら下がる音程、どちらも負の要素ととらえずに、利用すれば私たちの音楽を、より強く輝かしいものにしてくれるはずだ。

ちょっと書き足りない気もするが、錦織君の試合が始まるから・・・

きょうはここまでだ。