番外 JASRAC – この救いようのない人達

JASRAC(音楽著作権協会)がまた何か企んでいるらしい。音楽界では様々な職種があり、それぞれ分担して仕事をし、各々の立場で、音楽界の発展を願っている。その中で、作曲家や、演奏家が特に上位の存在であるとは、誰も思っていな […]

フルートの吹き方 癖(5)

昨日の続きだ。いわゆる「喰いつき」の形が、四分の三拍子で次のように出現する場合である。一拍半のアウフタクトだが、この場合の最初の音符も、短くなることに注意しなければならない。特に、曲頭にある短い音符は、通常よりもやや丁寧 […]

フルートの吹き方 癖(6)

この「癖」の項目で最初は、各々の「たぶん良くないと考えられる」吹き方の特徴について述べた。なぜ「たぶん」という断りを入れるかと言えば、それらは他人が(先生といえども)「100%直すべき」と断言できない質のものだからだ。結 […]