月別アーカイブ: 2017年2月

番外 JASRAC – この救いようのない人達

JASRAC(音楽著作権協会)がまた何か企んでいるらしい。音楽界では様々な職種があり、それぞれ分担して仕事をし、各々の立場で、音楽界の発展を願っている。その中で、作曲家や、演奏家が特に上位の存在であるとは、誰も思っていない。だが、「著作権」という「概念」を錦の御旗に、その中でコソコソとテラ銭商売を企むのは、私に言わせれば、最も下衆な商売だ。JASRACの成立に関しては、ここでは書かない。検索かけてくれれば分かるだろうから。

忘れもしない、JASRACと私との間で十数年前に起こった事件について書く。当時、アンサンブルを組んで全国で演奏会をやった。主催者は色々であったが、多くは音楽とは関係のない団体で、コンサート開催の経験も豊富でなかった。だから、開催業務、もちろん著作権料支払い、それにかかわる申請業務一切を、私の事務所で請け負う契約にしていた。主催者には、「JASRACから著作権料の支払いについて連絡がありましたら、こちらに回してください」と言っておいた。

演奏曲目の中にピアソラが入っていた。ご存知の方も多いと思うが、JASRACでは、音楽をクラシックとポピュラーに分けていて、著作権料に大きな差をつけている。(クラシックの方が高い) 数か月前に開催した中国地方での演奏会では、JASRACの神戸支部がピアソラをポピュラー音楽と規定して著作権料をかけてきた。もちろんちゃんと支払った。そして、別の演奏会の後、JASRAC東京からの請求を見たら、同じピアソラの曲がクラシック音楽に分類されていた。JASRACに「どうしてまったく同じ曲を同じ形態で演奏して、ジャンルが違うのか?」と訊ねた。当然、まともな回答などできるわけもなく、「そっちはそっちの判断で・・・モゴモゴ」だ。しょうがないから「ピアソラをクラシック音楽と規定した根拠を示してください。」とお願いした。数日後、雑誌のコピーが送られてきた。何が何だかわからないと思っていたことろ、JASRACの担当者が電話をかけてきて、「そこに書いてあるでしょ、ピアソラは、パリでナディア・ブーランジェに師事していた。」って言う。「はぁ???」それだけかよ。根拠って。じゃ、他のポピュラー音楽作曲家は、クラシック系統の先生には師事してないの? それ、調べたの? もっと言やぁ、ピアソラは、ブーランジェに、「あんた、国へ帰ってタンゴやりな!」って言われたんだぜ。

な、いい加減だろ? 腹立つよな? で、これは納得がいかないから、争う旨、宣言しておいた。ついでに「このやり取りは録音してある」とも言っておいた。そうしたら、なしの礫だよ。一件落着と思うだろ? これが違ったんだよ。

うちとかかわると面倒になると踏んだJASRACは、主催者を脅かして、支払わせた。素人の団体に、「日本音楽著作権協会でござる。支払い義務は主催者にあり・・・」って脅かした。主催者のご婦人が、びっくりして、払っちまったんだよ。

課金の根拠もいい加減なこんな組織が、音楽家の代理のような顔をして商売をしている。(じゃ、ピアソラ側にはいくら払うのよ?) これからの音楽の発展を誰もが願っているこの音楽界で、子供の音楽教室から、著作権料を取ることに賛成する音楽家はほんとうに居るのか? 一銭でも多くのテラ銭を取れるところから取る、こんな事ヤクザでもやらない。店がみかじめ料に文句言ったら、客を脅して取ったんだぜ。

下衆、思いつく言葉はこれしか無い。

きょうはここまでだ。

フルートの吹き方 癖(5)

昨日の続きだ。いわゆる「喰いつき」の形が、四分の三拍子で次のように出現する場合である。一拍半のアウフタクトだが、この場合の最初の音符も、短くなることに注意しなければならない。特に、曲頭にある短い音符は、通常よりもやや丁寧に始めなければならないから、要注意だ。

このような時、四分の三拍子を八分の六拍子に読みかえて練習するのが良い。

全く違う音楽になるが、3/4拍子の2拍目の裏が、6/8では2拍目の表になるので、練習の段階で、その音に注意を払う習慣ができあがる。

この読み替えは、逆もまた真なりである。次のような八分の六拍子の2:1のリズムは、なかなか正確に演奏されない。(譜例は八分の十二拍子)

このような時は、これを次のように読み替える。

こうすると、タイに続く最後の八分音符ふたつも正確に演奏できる。ついでにこれをスウィングしてみると面白い。退屈したら遊んでみるといいと思う。

さらに、これがこのような音型になると不正確さが増す。Beethovenの交響曲7番からだが、テンポが速いので、グシャグシャになりがちである。

これは、このように練習すると良い。ゆっくりからだ。

きょうの話、嘘つけぇ! と思ったら、録音して確かめてくれ。例えば、3/4の曲を6/8で吹いて録音し、聴くときは3/4で聴く、あるいはその逆。どうだろう! なんと、しっかりしたリズムが聴こえてくるではないか!

確かめたあなたは才能がある!

きょうはここまでだ。

フルートの吹き方 癖(6)

この「癖」の項目で最初は、各々の「たぶん良くないと考えられる」吹き方の特徴について述べた。なぜ「たぶん」という断りを入れるかと言えば、それらは他人が(先生といえども)「100%直すべき」と断言できない質のものだからだ。結果に至らなければ、それが間違っていたのかの証明はできない。しかしな、結果が出てからの後戻りもできない。人生と同じだな。親や先生の話をどこまで聞くかって話だ。俺は、ほとんど聞かなかった。だから・・・

さて、その「癖」は個別のものだけではなく、人間の持つある種の特性としても存在する。演奏者として、あるいは学習者として、それを意識に上らせることは、全体の発展に与することになるだろう。その一部として、リズムについて例を挙げた。きょうはまとめとして、まずいくつかの注意すべき点を挙げてみよう。

★長い音符はより長く、短い音符はより短くなる傾向がある。例えば、小さい音価で構成されたパッセージに続く大きい音価によるパッセージは、確実にテンポが落ちてしまう。
★「歌う」とテンポは遅くなる。「歌う」という事についてはいずれ項目を立てて書くつもりだが、そもそも「歌う」ことに内包されている要素、「立ち止まる」「訴える」などによって、推進力は失われる。

ふたつを思いつくままに書いたが、ハンス・ペーター・シュミッツ博士はその著書「演奏の原理」の中で、これらを明快に解説している。氏はその中で演奏上の様々な要素を、二つのグループに分ける。右のグループは、「明」のグループだ。例えば、速い、強い、短い、高い、固い、だんだん早く、だんだん強く等だ。左のグループは、「暗」で、遅い、弱い、長い、低い、柔らかい、だんだん遅く、だんだん弱く等だ。これらの要素は、互いにそれぞれのグループの中で、影響しあっている。例えば、「下降の音階はだんだん遅くなったり、弱くなったりする傾向がある」、あるいは「ディミヌエンドはだんだん遅くなる傾向がある」と解釈できる。しかしそこで、単純に「だから気を付けろ」と氏は言っていない。「ある局面で現れる弱点を、反対のグループの長所によって補完させる」事が、「演奏の原理」だと述べている。・・・先生!許して!まとめちゃいましたから。

例えば、下降の旋律は、クレシェンドと組み合わせると、弱くなっていく印象を防ぐことができるだろう。(もちろん必要なら、だ。)同時に、下降の旋律にディミヌエンドを組み合わせれば、その印象はより強いものとなるだろう。高音域で「歌う」なら、音は大きくないほうが良いだろう。印象が台無しになるからな。

こうしてみると「個性」とか「創造性」は究極の「癖」に他ならないと考えられる。「癖」は単純に直すべきものではなく、「人間」そのもの、「音楽」そのものと考えたほうがいいかもしれない。それに気が付きさえすれば、直すのも楽しく、利用するのもまた楽しいものだ。

モーツァルトのモーツァルトたる要素は、器楽的なアレグロの楽章に「歌う」要素を採り入れた、(Singen des Allegro)と言われる。うん。

きょうはここまでだ。