フルートの吹き方 良い音を出すには・・・(1)

フルートのどんな音が良い音かを説明することは、なかなか難しい。
明るい音、澄んだ音、柔らかい音・・・・しかし、それだけか?それでいいのか?と、問い直すと、たとえもっと言葉を加えたとしても、満足は得られないのね。これは人間と同じで、「理想の男性像は?」なんて聞かれて(おバカな質問だと思うけど)、そりゃ口で、「明るい人! 元気な人! 優しい人!」なんて、無邪気に答えたところで、実際そんな男がいたら、「つまんないヤツ!」って言われちゃうに決まってる。
ま、しかし悪くてダメな方は割とはっきりしてるかな。雑音のある音(清潔感のないヤツ)、不安定な音(信用できないヤツ)、つぶれた音(嫌味なヤツ)、みたいにね。でも、心配はいらない。そんな男はゴロゴロいるし、それでも彼女だっているんだから。

で、これから何回かに分けて、フルートで良い音を出すコツを伝授する。1回で書いてもいいけど、企業秘密でもったいないので、小出しにする。まず、これができたら間違いなく良い音が出ると断言する。あなたが吹くのだから、あなたにとっての、これ以上もない良い音が出ることを保証する。決して世界一の音とは言わないよ。世界一の人間なんて居ないんだからさ。
もしこれで、満足できなかったら、フルートを替えるか、あなたの口を替えるしかない。逆にいえば、これを完遂するまで、フルートは替える必要なし!と言いたい。楽器のせいにして、次から次へと歌口を替えてはいかんよ。ええ、人間と同じですから・・・人のせいにして、次から次へと彼○を替えちゃいけません。

長い前置だが、中身は単純。たったひとつ。
「息のエネルギーを最大の効率で音に変える。」
これだけ。なんだ、それ!怪しいな!と思った? ま、いいよ思っても。そのうち驚くから。
次回から、この詳しい内容を説明していく。さらに、練習法までご紹介する。

これだけは、憶えておいてくれ。
息のエネルギーを最大の効率で音に変える!

きょうはここまでだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フルートの吹き方 良い音を出すには・・・(1)」への1件のフィードバック

  1. フルートを奏でていても、音符を追っかけることや指が早く回ることにばかり気をとられると、音がおろそかになってしまいます。そして、自己満足で出している音も自分に聞こえているのと同じように、他の人に聞こえているのかわかりません。自分の声を録音で聞くような感じで。それにはやはり、誰かに聞いてもらって厳しい意見をもらわねばいけません。
    子どもの頃フルートを演奏を挫折して、大人になってフルート再開して4年目?早く人に感動を与えられるような美しい音で、自分の音楽を奏でてみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です